TypeScriptとは JavaScriptとの違い

Pocket

TypeScriptとは

JavaScriptを拡張して作られたものですが、JavaScriptとは違い静的型付けのクラスベースオブジェクト指向言語
TypeScriptをコンバートすると、JavaScriptのコードに変換されるためJavaScriptが動く環境であればすぐに使うことができる。JavaScriptのライブラリなども使用でき、互換性は抜群!!

JavaScriptとの違い

  • 動的型付けから静的型付けになった
  • クラスが使える
  • ジェネリクスが使える

静的型付け

以下のように型を宣言できる

クラスが使える

以下のようにクラスが使える。interfaceやextendも使える

ジェネリクスが使える

ジェネリクスとは「抽象化されたデータ型」を表現する機能
同様な関数だが、型違いの場合に、引数である型を抽象化する時に使える